四日市ボーイズ 

小学部

2022・1・25 更新

 四日市ボーイズは公益財団法人

日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)に所属する

少年硬式野球チームです。

四日市トップエースとして1978年に設立。 

硬式野球を愛好する少年・少女に

正しい野球のあり方を指導し

野球を通じて心身の錬磨と

スポーツマンシップを理解させることに努め

規律を重んじる明朗な社会人としての

基礎を養成し

次代を担う少年の健全育成を図ることを

目的としています。

 

選手権大会(夏の全国大会)出場11回

優勝1回 ベスト8  3回

 

春季大会(春の全国大会)出場23回 

6年連続出場継続中 令和3年4月現在

優勝3回 ベスト4  4回 ベスト8  7回

 

 

TOPICS

四日市ボーイズ 団員募集

当チームでは監督をはじめ、9名のコーチがそれぞれの役割を担って指導しております。また、心身ともに子供の成長を促すべく、挨拶や団体行動などもしっかりと指導しております。
「これから何かスポーツの習い事がしたい」
「野球を始めてみたい」
「硬式ボールで野球がしたい」
思いはそれぞれですが、実際に見て、聞いて、体験することが1番だと思います。気負いせず、お気軽にお越しください。
遠征等でグランドに不在の場合もございますので、「お問い合わせ」へアクセスして頂き、代表へスケジュールの確認を行って頂ければ幸いです。

Tボール KIDS 4月スタート!


明けましておめでとうございます

旧年中は皆様方より御厚情を賜り誠に有難うございました。本年も更なる精進を重ねてまいります。引き続き、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
12月を以て伊藤代表が退任し、1月より堀田健二代表が就任致しました。スタッフ一同より強固な陣営で選手たちの育成に尽力致します。よろしくお願いします。

四日市ボーイズ小学部
スタッフ一同

練習納め

12月25日(土)寒空の下、四日市ボーイズの練習納めとなりました。

 

昨年度に引き続き、コロナ禍で自分たちの思うような野球ができず苦しい1年でしたが、その中で得るものも多かったと思います。

年が明け2月には、春の全国へ向けて支部予選があります。泣いても笑っても、6年生の集大成!チーム一丸となって全国切符を勝ち取ります。

 

皆様方には、本年も格別のご厚情を賜り、四日市ボーイズ小学部一同、心より感謝申し上げます。

来年も熱き応援とともに、変わらぬご厚誼を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

 

皆様、よいお年をお迎えください。

なお、新年は1月8日(土)が練習はじめです。

大阪遠征

卒団式終了後、大阪泉州ボーイズさん主催の「全泉州納会運動会」に参加するため、会場近くのホテルに宿泊。

 

夏は合宿が行えず、選手も楽しみにしておりました。ホテル内の行動は班行動6年生が下級生を上手く誘導してくれていました。

早朝散歩をして朝食を済まし、運動会会場へ。自チームを含め、10チーム参加。とても盛大な運動会でした。

 

前日より、準備していただきました大阪泉州ボーイズのスタッフの皆さま。保護者の皆さま。本当にありがとうございました。

選手たちは、また参加したいととても喜んでおりました。

 

 

余談ですが…

 

仮装ダンス大会があり、どのチームも流行りの「初心LOVE」ダンスでしたが、四日市ボーイズが出してきたのはサザエさんのエンディング「サザエさん一家」。ちゃんとお面も用意しました!

飛びぬけたインパクトで審査員のハートを鷲掴み。

見事優勝させていただきました。

四日市ボーイズ第41期生卒団式

この日は朝から雪模様。令和3年12月18日(土)第41期生の卒団式が霞ヶ浦第1野球場にて執り行われました。

 

何とか卒団生に花道をと朝からグラウンド内の整備をされていた中学部の在団生や保護者の思いも届かず、深々と降る雪。そんな中会は進み、在団生送辞。小学部を代表し、山本麗汰キャプテンが送辞を読み上げました。

 

小学部より上がった卒団生。今後の更なる飛躍を小学部一同願っております。卒団おめでとうございます!!

全国一斉ボランティア活動

12月5日(日)

練習前にいつも使用させていただく、保々工業団地中央公園とYKKの駐車場のごみ拾いをさせていただきました。

当たり前のように練習しているグラウンドですが、当たり前の環境で野球をさせていただけることに感謝し隅々までごみ拾いをした選手たち。

これからは冬期のメニューとなりますが、先に春の全国への切符を手にした中学部に続いて自分たちも!2月の支部予選では万全を期すため今後も練習に励み、スタッフ・保護者一丸となり全力サポートしていきたいと思います。

 

今後とも応援のほどよろしくお願いいたします。

Tボール大会

ジュニア大会

サラスポーツ杯第41回日本少年野球小学生ジュニア東海大会が開催され、四日市ボーイズ小学部のジュニア選手たちも去年の6年生に続きテッペンをとるべく挑みました。
11月20日(土)
一回戦 VS 愛知幸田ボーイズさん
思うように点が取れず相手にリードを許すも、5回怒涛の追い上げ、延長にて逆転勝ちをおさめました。
11月21日(日)
二回戦 VS 愛知豊橋ボーイズさん
少しのミスから相手に点を取られ、自分たちのチャンスを繋げることが出来ず、惜しくも2回戦敗退となりました。

この悔しさをバネに大きく成長してくれることを願います。

いつも四日市ボーイズを応援してくださり、ありがとうございます。今後とも変わらず応援のほどよろしくお願いします。

奈良万葉大会

11月3日・6日・7日 奈良万葉大会

3日(水/祝) 対高石ボーイズ   13-0 ○

6日(土)   対奈良葛城ボーイズ 15-1 ○

7日(日)   対稲沢中央ボーイズ   2-6 ●      準決勝敗退となりました。

 

個々の力を思う存分発揮でき、チームが勝利に向かい一つとなれた1・2回戦。

先制点を取れたもののそのあとが繋がらず敗戦となった準決勝。

いずれも自分たちに得れることはあったはず!きちんと自分たちの成長の糧にしてくれればと願います。

6年生は今年最後の試合。残すは2月の支部予選のみ!みんな笑顔で春の全国大会に行こう!

1年生から5年生は20日からジュニア大会に向けて纏まっていこう!

 

選手たちのパワーは無限大。一人ひとりの力を信じスタッフ一同・保護者全員一丸となって全力サポートしていきます。

 

皆様の応援いつも有り難うございます。皆様の応援が選手たちの背中を後押しして大きな力となっております。

今後ともよろしくお願いいたします。

体験会大盛況

10月31日(日)17時より 霞ヶ浦第3野球場にて体験会を開催させていただきました。

天気の心配もなく、大勢の方が参加くださいましたこと、スタッフ一同誠に感謝いたします。ありがとうございました。

少しでも硬式野球に興味を持ち、四日市ボーイズを知っていただけましたら幸いです。

 

通常練習でも、見学等大歓迎です。ぜひお問い合わせの上お越しください。

中日本秋季大会

10月3日(日)岡崎中央総合公園競技場他にて「中日スポーツ杯第16回日本少年野球中日本秋季大会(小学部)」が開催されました。

我が四日市ボーイズは岡崎中央総合公園野球場で東海・中央合同ボーイズと対戦。

最近沈みがちなチームの雰囲気を払拭すべく、「1勝」を勝ち取り弾みをつけたいところでしたが、投手の力投もあと一歩敵わず。打線もあと少しの差で敗れてしまいました。

 

「夢や目標を達成するには一つしか方法がない。小さなことを積み重ねること。」

そして、

「Try being more confident and strong!」

 

この一戦の反省点も踏まえ次は「神宮奉納大会」。

四日市ボーイズの底力を発揮できるよう、1日1日を有意義に…とにかく練習!

 

選手が飛躍できるよう指導者・保護者も全力でサポートしていきたいと思います。

皆様も引き続き応援よろしくお願いします。

秋季大会準優勝

9月25日(土) 町屋ベイスタジアムにて積水ハウス杯第20回日本少年野球秋季支部小学生大会が行なわれました。

三重県支部3チームがリーグ戦を行い、第1試合で三重伊勢ボーイズさんと、第3試合で津ボーイズさんと対戦。

 

三重伊勢ボーイズさんとの試合では、上手く得点を重ね最終回2点差まで追いつかれるも4-2で勝利しました。

 

津ボーイズさんとの試合では、初回に先制できたもののその後の打線が繋がらず…惜しくも1-2で敗れました。

 

結果は1勝1敗で準優勝。

 

 

応援してくださいました皆様ありがとうございました。

 

「びっくりするような好プレーが勝ちに結びつくことは少ないです。確実にこなせないといけないプレーを、確実にこなせるチームは強いと思います。」

かつてイチローが語った言葉です。

 

10月は緊急事態宣言が解除され、ようやくホームグラウンドでの練習が再開されます。

1日1日の練習を大切に今後も邁進してまいります。

今後も引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

中日本大会 準優勝❕

 4連休最後の日曜日。朝から少し動くだけで汗が頬を流れるほどの暑さの中、「読売杯第36回日本少年野球中日本大会‐小学生の部‐」準決勝並びに決勝が桑名市のノザキ製菓アイリスパーク球場にて行われました。

 我が四日市ボーイズは準決勝1回戦にて強敵、稲沢中央ボーイズさんと対戦。初回に先制すると、3回裏には打線爆発。一挙に5点を奪い、守備においても好セーブが出るほど。終盤稲沢中央ボーイズさんの猛追に合いますが、全員野球にてリードを守り切り見事決勝へと駒を進めました。

 決勝では、打線が好調で準決勝では愛知豊橋ボーイズさんにコールド勝ちをした豊川ボーイズ・岡崎中央ボーイズ合同チームさんとです。夏の全国大会への出場を決めているチーム、自分たちの野球が出来ればきっと大丈夫。意気揚々と試合に臨みます。

四日市ボーイズの先攻。初回2点先制し、幸先の良いスタート。しかし、連日の疲れからかスキを突かれ2回裏に8点の猛攻を受け逆転されてしまいます。ですが、何とか喰らいつこうと少しづつ得点を重ねて反撃の口火を探りましたが、合同チームさんの攻撃力には敵わず惜しくも準優勝となりました。最後まで諦めずに戦い抜いた選手たち。今回の結果は残念でしたが、各々の課題を克服しより一層成長してくれてくれることと信じまた次へとチーム一丸となって頑張りたいと思います。

 コロナ禍で選手の為に大会を開催まで準備し、運営していただきました皆様。ご協力頂いました関係者の皆様並びにすべての方々に心から感謝申し上げます。また、四日市ボーイズを応援して頂きました皆様に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

 今後ともよろしくお願いいたします。

ジュニジュニも頑張ってます❕

レギュラーチームが大会や練習試合の中、五町のグラウンドにてジュニジュニたちの元気な声が聞こえてきます。

3年生は下級生の面倒をみながらより上達して上を目指し練習に励みます。その3年生に負けじと初めの頃は砂と戯れている時間の長かった2年生・1年生も練習に取り組んでくれております。

 

みんな絶賛成長中!

最新情報

四日市ボーイズでは新規団員を募集しております。

詳しくは団員募集」へアクセスして下さい。